2007年 04月 19日

「地震動予測地図」2007年版

2007_poster.gif4月18日に今年度版の『地震動予測地図』が公表された。
http://www.jishin.go.jp/main/
かいつまんでいえば、この地域で今後30年以内に震度6弱以上の揺れが起きる確率が上がったということだ。
05年3月が初公表で、調査研究の進展もあって、毎年毎年確率が上がることは成り行き?なのだが、地震防災への関心がそれに応じて上がってはくれない(苦笑)点が、ちょっと厳しいところではある。

全文を読む▼

2007年 03月 13日

安城市版「徒歩帰宅支援マップ」

anjo.jpg安城市電子国土サイト「MAP de 望遠郷」に『「安城市版徒歩帰宅支援マップ』と『衣浦東部5市広域版徒歩帰宅支援マップ』があるのを見つけた。

特に後者は、名古屋市の作製した徒歩帰宅支援マップ【南東方面】や豊明市の作製した同様のマップと併用すると名駅や栄からの徒歩帰宅情報がシームレスにつながることになるので、利用価値が飛躍的に高まる。

詳細はこちらのページを更新したので、参照していただきたい。

さらに、地図検索サイトを利用してオリジナルマップを作る方法を新たなページとして載せてみた。

2007年 03月 07日

重点密集市街地

重点密集市街地( 「地震時等において大規模な火災の可能性があり重点的に改善すべき密集市街地」)の改善に関する十カ年計画が2011年度までに達成できそうにない、と週明けの新聞の片隅にあった。目標達成のための密集市街地整備法の改正案を今国会に提出するそうな。
愛知県内では名古屋市、岡崎市とともに安城市が対象地域に指定されていて、その進捗状況は目にすることができるから、特に驚くようなことではない。詳しくは「中心市街地のまちづくり」でググってみてるとトップ表示される。
新美南吉の「花のき村と盗人たち」の舞台でもあるこの地域での土地区画整理事業を特に難しくさせているのは、複雑な土地権利関係やら住民の高齢化だったりするのだろうが、平坦ではないにしろ、この先は急ピッチで事業が展開されることだろう。

他所のことはさておいて・・・

全文を読む▼

2007年 03月 04日

フリーズ

atmphoto.gif年明け以来、サイトはずっとフリーズ状態のまま3月を迎えてしまったが、1月21日には定例の防災訓練を開催した。その様子はフォトアルバム風のページをアップロードしておいた。

いけうら防災まっぷと称する地図上の情報を更新した。まちかど消火器を除く情報は最新のもので、消火栓や消防水利の位置は誤差1m以内に収まってると思う。標識のない消火栓なんて新たな発見?もあった。
もっとも地震防災と消火栓との関係はあまり意味を成さないことは承知の上でのことなのだが・・・。

ATMの情報も3月中には取りまとめたい。当該機関に問い合わせれば簡単に済ませられるのだが、画像のような表示の有無を確かめるにはひとつひとつに足を運ばねばなるまい。

2007年 01月 10日

防災マップ:電子国土ポータル

cymaps.gif
池浦町というのはとても長細く、東西に3.5km以上ある。南北は数百mしかないので、紙の上の収まりが悪い。HP上に地図を作ろうにも全域を載せればちっぽけな図になって用を成さないので、あれこれ苦労していた。
安城市のHPのように電子国土ポータルを一般人にも利用させてくれないかしらんと思っていたのだが、久しぶりののぞいてみるといつのまにやら利用ができるようになっていた。
さっそく、右上のバナーのようなページを作ってみた。(クリックしてね)
データはまだ作りかけなので、試用版といったところだけれど・・・。

全文を読む▼

 最新の記事

 「地震動予測地図」2007年版 (04月19日)
 安城市版「徒歩帰宅支援マップ」 (03月13日)
 重点密集市街地 (03月 7日)
 フリーズ (03月 4日)
 防災マップ:電子国土ポータル (01月10日)